亀のようなゆっくりした心で、願いを叶える。

潜在意識



~願いは叶います。~

1.不安になることも。

 

願いは叶います。

願った時から、既に叶っています。

 

しかし、それを壊しているのは

私たちが願いが叶うかどうか

不安になったり、心配したりするからです。

 

どうしても叶えたいときに限って

必死になり、そのことばかり考えてしまう。

そんな経験もあると思います。

もちろん、私もあります。

叶えたいい!と必死になり

叶わなかったんです。

 

では、どうしたらいいかというと

叶えたい。と思ってたら叶わないので

(叶えたい。状況が続くだけです。)

2.亀のような心

 

亀のような心を持つんです。

ゆっくり。

のんびり。

 

どうせ願いは叶うんですから!

 

心に余裕がある方が何でもうまくいきます。

急いでいるとき、せかせかして

ミスも起こします。

 

車の事故を起こすのもせかせかしているときですね。

心に余裕がある時は、事故は起こしません。

 

急いでせかせかしている時は

あんまりいいことは起きません。

経験しています。

 

3.のんびり、気長に。

 

あくびが出てくるくらい

のんびり、気長になると

自分が楽ですよね。

 

苦しまなくていいから。

 

幸せは自分で創れます!

 

今日も幸せ

明日はもっと幸せ

明後日はもっともっと幸せです。

(^^)にこにこ。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


引き寄せの法則ランキング



PVランキング



2 Comments

kan

こんばんは^^
『亀のような心』とは上手な比喩ですね。
願望が強ければ、欲しい・欲しいという強い気持ちは誰しもあるもの。
でもその気持ちは、今はまだ無い!っていう状況を強くロックしてしまいますものね。

私も強く願ったことは、あまり実現していません。
むしろ「こうなればいいなぁ~」とふわっと思ったことで、それすら忘れてたこと。
それらは知らない間に、自然な感じでそうなっていました。

あっ、そういえばこんなこと過去に思ったなぁ~・・という感じでした。
ただその状況は、過去に思った以上の満足感ある実態です。
なのでもちろん嬉しいのですが、願望が叶った!という感動はあまりないです。
どちらかと言えば、やっぱな・・という当たり前的感覚が強いですね。

仰るとうり、願ったことは既に在ると思います。
在るからこそ、思い浮かんだのです。
ただその願いを、願いという位置づけゆえに『高嶺の花』にしてる。
なので逆に遠ざかってる・・・そんな気がします。
ただ普通に『選ぶ』、そんな感覚が適切なような気がします。

でも欲しい物や欲しい状況は憧れるし、欲しいという気持ちは強く起こります。
でも現状にはまだ無い。。。
焦る気持ちも起こるし、時にはがっかりしたりします。
それもまた人間らしい感情でもあります。
う~ん・・・・・なかなか難しいところだと思いますね^^;。

内面で体験して臨場感を何度も味わってたら、もうそれが当たり前になる。
その体験で奇跡のような嬉しい体験もありました。
なので理屈抜きで、内面で臨場感たっぷりに体験しちゃう・・。
あとのことは心で追いかけない。
そんな感じもいいかなぁ~・・と思ったりしています。

返信する
いるか。

kanさん。こんにちは。

願うけど、現実にないに焦点がいけば、それが現実化 ない状態が続いていくんですよね。人間だから、ないにどうしても目が行きますが。

そこを強制的に あるにシフトしていけば、あるになります。

なりきり法もそんな感じです。いわゆる現実無視です。

臨場感は最近特に言われていますね。いい方法だなと
思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です