ANA国内線株主優待割引運賃等が変更 および ANA FLEX運賃(空席連動型運賃)が導入されます。

ANA情報




ANA国内線株主優待割引運賃等の変更

 

2018年10月28日ご搭乗分から、国内線の運賃制度を変更すること

に伴い、株主優待運賃である「ANA国内線株主優待割引運賃、

同 小児株主優待割引運賃、同 プレミアム株主優待割引運賃

同 プレミアム小児株主優待割引運賃」(以下「優待運賃」という)

について、取扱いの一部を変更することとなったみたいです。

1.変更の概要

(1)発売期間について
優待運賃は搭乗日の2ヶ月前から購入できたけど、2018年9月3日

発売分より、搭乗日の355日前から購入できます。

 

(2)優待運賃の価格について
優待運賃の値段は、片道運賃の50%割引でしたが、片道運賃が

廃止となりANA FLEX運賃(空席連動型運賃)が導入

されるのに伴い、ANA FLEXの最安値であるFLEX-D運賃

の50%割引となります。

 

(3)優待運賃の発売座席数について

国内線運賃制度の変更に伴い、満席が想定される便においては

予約が取りづらくなる場合があります。

 

2.変更時期等
変更時期及びその他詳細につきましては、以下URLをご覧ください。
https://www.ana.co.jp/group/investors/pdf/kabunushiyuutai.pdf

 

 

もちろん、一般の運賃も

FLEX運賃導入みたいですね。

 

 

 

 

  株主優待割引にも、 ANA FLEX運賃(空席連動型運賃)が導入される

 

株主優待割引にもANA FLEX運賃(空席連動型運賃)が

導入されるみたいです。

今まで片道運賃の半額でしたので

旅割に比べたら、かなり割高でした。

 

株主優待運賃の利点といえば、便の変更がきくことです。

これは、予定が変わる可能性がある時など

たいへん便利です。

帰りの便を株主優待割引運賃に

設定したりしていました。

 

金曜日の夕方の東京ー福岡の便は、ビジネス客で満席ですが

平日の便、例えば札幌ー福岡の便など空席が目立ちます。

 

株主優待運賃に FLEX運賃(空席連動型運賃)導入して

空席を安くして、なるべく販売したいという考えでしょうか。

 

以前から、空席が目立つ便はアンケートをとり

その便がなくなるなどの対応もされてきました。

 

福岡ー沖縄便で全乗客16人の時が

ありました。

搭乗後、アンケートが来て書き込み返信

しましたが、しばらくしてその便は

なくなりました。

コストがかかりすぎてるからでしょうね。

 

この株主優待FLEX運賃が、今後どう影響して

いくのか導入されてみないとわからないですね。

 

ただ、平日の便を利用するときには

お得感が増すかもしれませんね。

 

この満席が想定される便は

とりづらくなる可能性がある

と言うのが気になりますけど。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


引き寄せの法則ランキング





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA