潜在意識 人間関係を温める方法



引き寄せの法則




人間関係のトラブルはありますね。多かれ少なかれ。

誰でも、友人や知人とトラブルことはありますよね。

謝っても拒絶されたり。。。

そういう時は、本当につらいですよね。

 

そんな時は自分の内面を見つめて、自分の内面で行動します。

※その間は相手と連絡は取りません。

こじれている時に無理に連絡を取っても、良い方向にはいきませんから。

心をいやすのに時間が必要なこともありますから。

 

すべては、自分の内面が現実化していきます。内面を変えたら、現実も変わります。

いるか。

現実は変わりますから。

 

やり方としては、こういう風にいかがですか。

1.まず相手に思ってる嫌なこと、嫌な感情をを吐き出す。

「あの人のここがいやだ!」「私は悪くない!」

「我慢してたのに。。。」

不満をすべて吐き出してください。

心の中に思っている相手への不満をすべて吐き出します。

 

いるか。

この我慢をするという感情は良くありません。

我慢するくらいなら我慢をしないほうがいいです。

感情は同じ感情の出来事を引き寄せますから。

 

いるか。

もし、「私はこんなにしてあげてるのに。我慢しているのに」と思うことがあれば

それはしないほうが自分のため、人のためになります。しないという選択がベストです。

 

2.相手のいいところを見つけ出す。

それでも、優しい。

あの時はこうしてくれた。こんなこともしてくれた。

相手からしてもらったことを思い出して、温かい気持ちに浸る。

相手は優しかったなあと。

 

3.相手を許す 。     あの人もつらい思いをしたんだ。だから、もういいよ。

私もつらかっつたけど、相手もつらかったんだね。

4.相手に謝る。

ごめんね。私が悪かった。。心から、相手に謝る。

 

5.相手と仲良くしているようになりきる。相手に、温かく、優しい気持ちを持つ。

もし、相手の写真とかあれば、「いつも、ありがとう。」と写真を見て

感謝の気持ちを持ってください。

 

その写真にあたたかい気持ちで手をかざしても効果があります。

あたたかい気持ちを写真に送ってあげてください。

 

あたたかい人間関係を目指していきましょう。

何回もいいますが、相手には連絡を取りません。

自分の心の中の相手を、温めてあげましょう。

優しい気持ちで。

しばらくたったら、関係が変わります。

 

トラブルになりそうなときは、一歩引くことも大切です。

こじれたら、結構つらいですから。

 

いるか。

自分がされて嫌なことは、相手にとっても嫌なことです。

あたたかい気持ちで人に接していきたいですね。

(^^)にこにこ。

 

 

すべては、自分の内面が現実化します。

幸せは自分で創れます!

今日も幸せ

明日はもっと幸せ

明後日はもっともっと幸せです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


引き寄せの法則ランキング



PVランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!